07/20小さな大工さん~もみじ組の絵本棚③~

久しぶりに絵本棚の制作を再開します。

保育士が側板に棚板の位置を書き込みました。

今回子どもたちには、その位置を元に木ネジを打ち込むための下穴を開けてもらいました。

 

印をつけたことで、そこから外れてはいけないという思いが出たようです。

慎重に印に狙いを定め、そろりそろりとドリルのスイッチを握り込みます。

絵本棚となる10枚ほどの板に、全部で80箇所ほどの穴をあけてもらいました。

写真をほとんど撮っていませんでしたが、やっている子どもも見守る子どもも息をのむ、緊張感のある作業となりました。

全ての穴を開け終った子どもたちは、「ふ~~~~っ!!」と息を吐き、緊張から解放されたようでした。